読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿次郎ブログ

どこでも地元メディア「ジモコロ」の編集長として47都道府県を取材してます

映画感想03 - キャビン

映画 レビュー

キャビン [DVD]

キャビン [DVD]

いやー、すごい映画ですね。前知識ゼロで観たこともあって、二転三転するストーリーに「えええ!いつ終わるのこれ!なにこの展開!!」と終始驚きっぱなし。ホラー映画ファンのベタな要素を下敷きにして、過剰なまでに裏切っていく脚本は賛否両論ありそうだけど、あたしゃ好きですよ! ワクワクが止まらんやつですよ! ただ、ネタバレを避けるとマジで書くことないです。そして脚本の肝の部分を頭に入れちゃうと大きくイメージが変わってしまうのが難しい…。

唯一提供できる情報としては、海外ドラマシリーズ『LOST』や『クローバーフィールド/HAKAISHA』を手がけたドリュー・ゴダードが監督・脚本! これだけで男子はビンビン、女子はグショグショでしょう。しかも、共同脚本とプロデュースは『トイ・ストーリー』の脚本家ジョス・ウェドントイ・ストーリー感は一切見受けられないけれど、こんなメビウスの輪みたいに捻りに捻りまくっちゃうと「今後どうすんの? メタ表現の最果てじゃない!?」と心配になるほどです。映画好きの人は是非に。